(旧キット)1/144「リグシャッコー」レビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

「機動戦士Vガンダム」より、1/144リグシャッコーをレビューします

テスト機であったシャッコーの正式採用機
シャッコーで得られたデータをもとに改良がくわえられ、高性能を維持したまま量産可能な機体となった

rish_r_.jpg


rish_r_1.jpgrish_r_2.jpg
rish_r_3.jpg
色は黄色一色ですがプロポーションはまずまず
ランナーはA1~3、それにクリアパーツランナーとポリキャップパーツのVフレームです
合わせ目が正面に来るパーツが多く、特に頭部は接続部分の影響もあって目立ってしまいます
また横顔は悪くないのですが、正面から見ると顔がつぶれたように広がっています

肘と膝は90度くらい曲がり、可動は値段と時代を考えればまずまず
股関節と肩は最小限の可動です

ネコ目部分の彫り込みがしっかりしていて、細かいですが塗り分けはしやすそうです
その代わり、立体的過ぎてシールを貼るのは難しいです

rish_r_a3.jpg
シールは目と胸の黒い部分に股間のグリーン部分のものが付属
キットが黄色一色なのでほとんど足りないです
今回はシールを貼らずにレビューしています

rish_r_a1.jpg
このキットによくあるポリキャップはなく、シリーズ共通のVフレームという関節パーツを使います
ABSフレームの走りのようなものですが、素材はポリキャップと同じポリエチレン素材です
パーツが小さいこともあって保持などはまずまず

rish_r_a2.jpg
「ランナーロック」というランナーごとパーツを合わせて、その後切り取るという作り方をします
「そういえば昔はそうだったな」と久しぶりにやってみたんですが、ゲートが切りにくかったり意外と難しいです
普通に個別に合わせた方がきれいに仕上がります

rish_r_b7.jpg
リグシャッコー(15.9m)とガンダムAGE-1(18.0m)の比較
小型キットですがきれいにまとまっています

rish_r_b5.jpgrish_r_b6.jpg
ディスプレイスタンドと背景カードが付属
少し褪せたような色をしていますが…、遠近法かな?

rish_r_a4.jpg
武装一覧
サーベル、シールドはクリアパーツを使っていたりと豊富ですが、ベスパのビームは黄色だったような…

rish_r_b1.jpgrish_r_b2.jpg
rish_r_b4.jpg
フル装備
2つのビームファンはバックパックに、ビームピストル2つは両ひざにマウント出来ます

rish_r_c1.jpg
ビームピストル二丁拳銃
一体成型で合わせ目もありませんが、銃身に穴などもありません

rish_r_c4.jpg
ビームシールド装備
肘に付属するパーツの差替えで展開
色もディテールもいい感じで、程よく本体が透けます

rish_r_c6.jpg
ビームファン
こちらはクリアパーツではなく本体と同じ色
残念ながら背中のビームなしのファンは装備できません

rish_r_c2.jpgrish_r_c3.jpg
ビームサーベル
サーベルの一方には曲がった癖がついていて、振り下ろしが様になります

rish_r_c5.jpg
ビームライフル+ディスプレイカード
ライフルも他の武器パーツと同じで一体成型
ディテールがいまいちで少し薄い感じがします

rish_r_Z.jpg
リグシャッコーの紹介でした

小スケールのキットながらも保持などのバランスは良く、細かい難点はあるものの改造素体としては優秀です
武装も多くスタンドも良く動くものでコストパフォーマンスは高いです
個人的にシャッコーにはBB戦士のイメージがありますが、リアルキットもいい感じです


定価は500円
2013/12に再販されました
関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2013/12/23 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL