ガーベラ・テトラ製作記「脚部ディテール」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ガーベラ製作、9回目となる今回は脚部のディテールアップです
今まで紹介してきたテクニックの応用、といった内容ですが、実例として紹介していきます

gt_s9_.jpg


バーニア製作
gt_s9_a1.jpg
ふくらはぎ裏のバーニアは元あったジャンクパーツを利用して作ります
何のパーツだったかはよくわからないのですが、モーターツールを使ってバーニア状にしています
なければプラパイプの積層などで作れると思います

gt_s9_a2.jpggt_s9_a3.jpg
前回の足裏バーニアと同じようにプラ棒を使って噴射口を作ります
3mmのプラ棒に2mmの穴をあけ、1mmの穴をあけた2mmのプラ棒を差し込みます

gt_s9_a4.jpg
元ある3mmの穴に先ほど製作した射出口を差し込みます
1mmのプラバンは補強です

gt_s9_a5.jpg
一通りの加工がすんだところで仕上げます
加工しやすいようにピンバイスで3mm軸で保持してやすり掛けしています(参考)

gt_s9_a6.jpggt_s9_a7.jpg
内部にも溝を彫ります
円形のテンプレートを利用して等間隔に溝を書き込み、削っていきます
(本来は噴射口接続前にやるべき部分でした)

gt_s9_b1.jpggt_s9_b2.jpg
バーニアの取り付け角度は元の角度をそのまま利用します
取り付け部分を元のバーニアと平行に切り取ります

gt_s9_b3.jpggt_s9_b4.jpg
切断した直後ではどうしても角度がずれてしまうので、ヤスリで削って調整します
この段階で右足、左足パーツを同じ角度に整えます

gt_s9_a8.jpg
バーニア取り付け前後で比較
肩のバーニアなどと同じように元より大きく仕上げています


すね
gt_s9_c1.jpggt_s9_c2.jpg
すねは脚部形状変更の際に元あったモールドを削っているので、1mmのプラ棒を使って復活させます
1mmの10mmに切り出して半円状に削り、元あった部分に接着します
位置決めはほぼ勘で、ずれは削って修正します

gt_s9_c3.jpg
膝の肉抜きはエポキシパテを使って埋めます

gt_s9_c4.jpggt_s9_c5.jpg
段差をある程度残しています
まともに埋めてしまうと可動をふさぐので、可動の余白とディテールアップの余白にしておきます


ひざ関節
gt_s9_d1.jpg
膝関節は強度確保のためにポリキャップを固定します
元のパーツの時点で強度はあったのですが、仮組加工でゆるくしていたので0.5mmで補強しています

gt_s9_d2.jpggt_s9_d3.jpg
膝関節も細かくディテールアップしています
大まかにはモールドのスジボリや溝の開口です

gt_s9_d4.jpg
細かいところでも別パーツに見えるように削り込んでいます


膝関節パイプ
gt_s9_f1.jpg
キットの状態ではパイプの末端が見えてしまうのでこちらを修正します

gt_s9_f2.jpg
まずは画像の赤線部分で切り取ります

gt_s9_f3.jpg
切断したらパイプを延長するのですが、パイプ接着前にポリキャップを接続しておきます

gt_s9_f4.jpg
2.5mmのプラ棒を角度をつけて切断してパイプを作ります
切り出す長さは2mm程度です

gt_s9_f5.jpg
接着して硬化したらやすりで削って、長さと角度を調整します

gt_s9_f6.jpg
続いて2mmの0.5mmに切り出し、つなぎにします
とはいえ“0.5mmの切り出し”なぞ人間業じゃないので、1mmくらいで切り出し、削って調整します

gt_s9_f7.jpggt_s9_f8.jpg
後は同じ要領でつないでは削り、つないでは削りと延長していきます
硬化待ちの連続で根気のいる作業となりますが、何度でもやり直せるので確実な作業でもあります

gt_s9_f9.jpg
最終的にはこの程度まで延長します

gt_s9_fa.jpg
内部での干渉を避けながら回り込むようになる角度にします

gt_s9_fb.jpg
パーツに組み合わせると画像のようになります


ふくらはぎ
gt_s9_e1.jpg
姿勢制御用のバーニアはピンバイスで開口します
プラ棒を追加するかとも考えましたが、スペースがぎりぎりだったのであきらめました

gt_s9_e2.jpg
こちらには1.2mmの丸モールドを使っています
こちらも接着後にピンバイスを使って開口しています

gt_s9_e3.jpg
サイドのバーニアらしき部分は0.5mmの溝を彫り込んでおきます


つま先
gt_s9_g2.jpggt_s9_g3.jpggt_s9_g4.jpg
つま先部分もスジボリの基本に従って0.2mmのモールドを彫ります

gt_s9_g5.jpg
仕上がりは画像の通り
こちらは左足用パーツになります

gt_s9_g1.jpg
下の丸い部分はサブセンサー、ということでレドーム風に丸モールドを取り付けています


モモ
gt_s9_h2.jpg
モモのビームサーベルラックは非可動ですが、きちんと分割パーツに見えるように深くスジボリします

gt_s9_h3.jpggt_s9_h4.jpg
上部はノコで切り出してしまって完全に分割してしまいます
ヤスリで角度もつけて、自然に仕上げます

gt_s9_h5.jpggt_s9_h6.jpg
こちらの姿勢制御用のバーニアもピンバイスで切削
開口までしてしまうと裏から見えてしまうので、軽く掘る程度に抑えます

gt_s9_h7.jpg
裏面を少し削って薄くしておきます
ほぼ気休め程度です

gt_s9_h8.jpg
仕上がりは画像の通りです



gt_s9_z2.jpggt_s9_z1.jpg
今回製作したパーツを組み合わせると画像のようになります
あまり追加しすぎると元のシルエットを崩してしますので、元あったものを強調する程度に抑えています

今回は基本的に作った順でバーッと並べて紹介しました
ごちゃごちゃしてしまって申し訳ないです

「プラ素材で作られるパーツ、無垢な素材に命が吹きこまれる」
股間ディテール

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2013/12/18 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL