(旧キット)1/100「モビルスモー/ゴールドタイプ」レビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

「∀ガンダム」より1/100ゴールドスモーをレビューです

ディアナ・ソレル親衛隊が使用するスモーの隊長機
性能は通常のシルバースモーと基本的に同等であるが、装甲やヘッドセットが異なるなど、
より高性能な機体になっている

100gs_r_.jpg


100gs_r_1.jpg100gs_r_3.jpg
100gs_r_2.jpg
スモーらしいガッシリどっしりしたプロポーション

ランナーは5つにポリキャップという構成、大型のパーツが多いのでパーツ数は少なめになっています
5つのランナーのうち2つ半が金メッキ、そのうちBランナーは両面金メッキ仕様です
成型色では胸元や肩の裏側の黄色部分がブラウンがかっていてます
これはこれでダンディなのですが少し色が浮いています

MGが発売されて久しい時代の1/100キットということでプロポーションは良好
金メッキ仕様ということで合わせ目は見えやすいですが、スリット部分にあり消すべき部分は少ないです
MGクラスとの違いとして、良くも悪くも内部フレームがありません
そのおかげでパーツ数は少なめになっていますが、元のパーツが大きいので少しぶかぶかして合わせにくいです

100gs_r_4.jpg
シールはフェイス用のものと、IFジェネレーターの丸いくぼみ部分のものが付属
キット状態でそれなりに色分けはできているものの少し物足りない印象
今回は通常用のフェイスにのみシールを貼っています

100gs_r_a1.jpg100gs_r_a2.jpg
MGシリーズに影響されてかハッチオープンギミックがあります
ターンエーのMSはオーバーテクノロジーすぎてよくわかないのが特徴なので
内部構造もよくわからないことになっています

100gs_r_a3.jpg
ハンドパーツは可動式のものが1種のみ
親指は固定で、人差し指と他の指が可動という仕様
ディテール、保持、可動ともに悪くはないもののよくもない微妙な出来です

100gs_r_a4.jpg
コクピット部分にはクリアパーツが使われていて、外すとちゃんとハリーさんが乗っています
ただし合わせ目の影響で真っ二つにされています
良く見るとディテールは気になりますが、クリアパーツで透ける分にはいい感じです

100gs_r_a6.jpg
脚部は独特の可動でスムーズにポーズが決まります
逆に立ち姿がいまいち決まらず、こんなところでも劇中と同じです

100gs_r_a5.jpg
旧時代のザクと比較
ザクが18m級、スモーが20m級ということでかなり大柄になっています

100gs_r_b1.jpg
フル装備

100gs_r_a8.jpg100gs_r_a7.jpg
フェイスのギミックは差し替えで再現されています
“選択式”ということで交換して遊ぶには差替えが難しくなっています

100gs_r_b4.jpg100gs_r_b5.jpg
ヒートファンは腰にマウントできます
折り畳みのギミックはなく別パーツで再現されています

100gs_r_b6.jpg
ヒートファン装備
可動ギミックを仕込むために2パーツを合わせて作るので、かなり厚めになっています

100gs_r_b7.jpg
上半分が可動するので振り下ろしがきれいに決まります

100gs_r_b3.jpg
ハンドビームガン
ハンドパーツの影響もあって保持が弱いです

100gs_r_b8.jpg
IFジェネレーター装備
1/144同様、両腕にPCの接続穴があります

100gs_r_ba.jpg100gs_r_b9.jpg
IFバンカー用のエフェクトが付属
劇中では「バリアー」と「金縛り」に使っていましたが、ゲームでは割と有名な装備
劇中使われることがなかったもののプラモに付属してるはありがたい

100gs_r_b2.jpg
ゴールドスモーでした

ボディの8割が金メッキというおそらくガンプラ史上最も金ピカなキット
可動やゲートが目立つ点など問題点はいくつかありますが、キットバリューは高いんじゃないでしょうか

曲面にメッキが映える動かして楽しいキットです
関連記事
[ 2013/12/13 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL