(旧キット)1/144「モビルスモー/シルバータイプ」レビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

「∀ガンダム」より親衛隊用MS、シルバースモーをレビューします

ディアナ・ソレル親衛隊が使用するMS。IFBD(アイフィールドビームドライブ)による高い機動性とレスポンスを持つ
IFジェネレーターによる同世代機の強制従属操作など、この時代最高の性能を有する

個人的にIFBDは「Vガンダム」などのミノフスキードライブの完成形だと思っています
144ss_r_.jpg


144ss_r_1.jpg144ss_r_2.jpg
144ss_r_3.jpg
ランナー3つとシルバースモーフェイス、ポリキャップとシールの構成
成型色はシルバーとグレーの2色
シルバーはBB戦士でよくあるメタリック系で、合わせ目やゲート部分が目立ってしまいます
肩の裏は設定上、別パーツになっているのですが、キットでは一体型です

同シリーズのキットとしては珍しく、関節のポリキャップがほとんど見えない作りになっています
モモ、ヒザ、ふくらはぎに分割された構造などもあり可動は初期のHG級です

144ss_r_a1.jpg
シルバースモーフェイス
ランナーの表示から察するにゴールドタイプには付属しないようです

144ss_r_a2.jpg
シールは顔のフェイス用と胸の赤い部分用のものが付属
どこ向いてるかわかりにくいデザインなので、フェイスにのみシールを貼ってレビューしています

144ss_r_a3.jpg
ターンエーと比較
全高は同じくらいですが大柄でドムっぽい感じ

144ss_r_b1.jpg
ハンドビームガン
グリップに可動はなく、リングは手に持たせてからはめ込みます
リングは本来シルバーですが、キットでは武器と同じグレー

144ss_r_b2.jpg
ヒートファン
上部とグリップ部分の可動はなく、立ち合おうとするといまいちポーズが決まりません

144ss_r_b3.jpg
IFジェネレーター(アイ・フィールド・ジェネレーター)
「IFバリアー」や「IFバンカー」のためのパーツ

IFジェネレーター接続部分はポリキャップが仕込まれていて、差替えの負担を緩和しています
ただし、特にふたもなく両側にあるので少なくともどちらかはむき出しになります

144ss_r_c2.jpg
つま先が丸く足首の可動の割には接地が悪いのですが、
ホバー機の様に動くので自然と浮いているように見えるのはメリットだと思います

144ss_r_c1.jpg
シルバースモーレビューでした

同時シリーズより100円高い600円という値段だけあって、色分け以外についてはHG級の出来
ただしその色がシールを含めても足りない部分が多いです
成型色の問題もあるので塗装前提のキットともいえます

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2013/12/05 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL