(旧キット)1/144「モビルカプル」レビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

「∀ガンダム」(ターンエーガンダム)よりカプルをレビューします

イグレッサ領のマウンテンサイクルから発掘された機械人形
大量に発掘され、操縦の容易さからもミリシャの主力機となる

もともとは「機動戦士ガンダムZZ」に登場したカプール
兵装や装甲は共通ですが、大きさなどで細かい違いがあります
kpl_r_.jpg


kpl_r_1.jpg
kpl_r_3.jpgkpl_r_2.jpg
ランナー3つにPCランナー1つの構成
ランナーは3つですが色プラが使われていて成型色は4色あります
シールはモノアイの1つだけで、今回は貼った状態でレビューしています

きれいな球体状でプロポーションは良好
この時代のキットには珍しくポリキャップが目立たない構造になっています
モールドなどのディテールはよくできているのですが、それを切断するように合わせ目が通っていて、
合わせ目を消すとなると難儀しそうです

kpl_r_a1.jpg
ハンドガン装備
腕との接続穴にはポリキャップが使われていて、取り外しの負担を軽減しています
腕にはひねるような可動がなく、ハンドガンを上に向けることができません
発射口も埋まっていて再現度はいまいち

kpl_r_a2.jpg
接続穴は左手にもあり、左に装備させたり2個あれば両腕装備することもできます

kpl_r_a3.jpg
ミサイルハッチオープン
少し大げさに開くため、球体のフォルムが崩れます
適度に調整すれば程よく開くこともできます

kpl_r_a5.jpg
クローズドモード
見事な球体です

kpl_r_a4.jpg
ちなみにハッチをすべて外すとこんな感じです

kpl_r_b2.jpg
∀ガンダム(20m)と大きさ比較
キットの全高は約100㎜、カプルが14mの設定なのでスケールは忠実に再現されています

kpl_r_b3.jpg
足の接地がよく、機体のバランスもいいためポージングは安定します
モノアイの可動がなく、攻撃のポーズは取りにくいのですが、適当に立たせるだけでかわいらしくなります

kpl_r_c2.jpgkpl_r_c3.jpg
2個あるとかわいさが2倍になります
ちなみに自分は4個持ってます

kpl_r_c1.jpg
すわり姿も様になります
残念ながらひざが動かないので体育座りはできません

ポリキャップの見えにくい構成や、きちんと再現されたフォルム、ディテールなど、
500円のキットとしてはほぼ満点の出来です

細かいモールドが多いので拭き取りペンがあると便利だと思います
関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2013/11/26 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(2)

161: 王子の父 ブログ拝見致しました。 (2013/11/26 00:32)

素敵なブログですね。
また読ませて頂こうと思います。
 
もし宜しければ一度だけ
私のブログにもお越し下さい。
 
http://ojipapa1997.blog.fc2.com/
 

165: つくる人 こちらもブログ見ました。 (2013/12/04 02:56)

プラモとは関係のないブログなんですね。
自分にはよくわからないです。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL