ガーベラ・テトラ製作記「頭部ディテールアップ」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ガーベラ製作は前回のモノアイに続いて今回も頭部のディテールアップを施していきます
目立つ割に細かいパーツで扱いが大変、そのくせ地味
ディテールアップの中でも高難度かもしれません

gt_s7_.jpg
画像は改修後のもの


gt_s7_a1.jpggt_s7_a2.jpg
まずは定番のアンテナのシャープ化から
ガーベラのアンテナはブレードアンテナということで、ガンダム系と同じような加工をしてます
(シャープ化について詳しくはこちらで)

gt_s7_a3.jpg
シャープ化が終わったら接続部分を切り取ります

gt_s7_a4.jpg
アンテナをとがらせた段階で、丸い部分から角ばったものが出ていると違和感があったため
元の接続部分はプラ棒(2mm)で埋めて修正します

gt_s7_a5.jpg
再接続には0.5mm真鍮線を使います
パーツが細かく接続が安定しないので、のちに接着することになります


画像にもありますが続いてはモールドを製作
gt_s7_b3.jpggt_s7_b1.jpg
gt_s7_b2.jpg
まずはモールド作成部分をピンバイスで開口します
1mm→2mmと穴を大きくしていきます

gt_s7_c1.jpggt_s7_c2.jpg
続いて先端を平面化した2mmプラ棒と、2mmカットした0.5mmプラ角棒を用意します

gt_s7_c3.jpg
この二つを組み合わせて凸モールドを作ります
コトブキヤの丸モールドを使うと手っ取り早いのですが、極力既製品を使わない方針で進めていきます

gt_s7_c4.jpggt_s7_c5.jpg
製作した凸モールド付プラ棒をメットの裏から差し込み、そのまま接着します

gt_s7_c6.jpg
左右の角度がずれてると情けないので、位置合わせに気をつけます

gt_s7_c7.jpggt_s7_c8.jpg
一通りの加工がすんだら余ったプラ棒を切り取り、本体と干渉する部分を削ります
本体側も少し削っています


続いてを口元のダクトを加工
gt_s7_d1.jpg
まずはダクトにナイフを入れて溝を彫ります

gt_s7_d2.jpg
溝をガイドにカンナ掛けして、ダクト部分を一段落とします

gt_s7_d3.jpg
仕上げにダクトの溝になる部分を彫りこんでおきます
画像ではタガネを使っていますが、ナイフでも可能です

gt_s7_d4.jpg
左右で前後比較
削りこみでよりダクトらしくなりました


gt_s7_e1.jpggt_s7_e2.jpg
くちばしは1mmのプラ板(プラ棒)で延長して、先端を鋭くします


gt_s7_f1.jpg
全体の仕上げに表面処理をしていきます
ついでにバンダイエッジも削り、全体をよりシャープにします

gt_s7_f2.jpg
仕上がりはこんな感じ
サイドは黒い瞬間接着剤で少し延長して削りこんでいます


首も加工します
gt_s7_g1.jpggt_s7_g2.jpg
まずはやすり掛けで平面にします

gt_s7_g3.jpg
続いて1mmのプラ角棒を接着
こちらのパーツはガイドのようなものなので、なくてもいいです

gt_s7_g4.jpggt_s7_g5.jpg
2mmのプラ棒に1mmの穴をあけ、そこに1mmのプラ棒を差し込み接着し、シリンダーパーツを作ります
首に接着しやすいように接着面を少し平面にしています
こちらのパーツを2つ作ります

gt_s7_g6.jpg
2つのシリンダーを首に接着して完成
後ろの部分も似たような形で1mmのプラ棒、プラ角棒を接着しています

元の首の幅が4.8mm程で、シリンダー部分が元より大きくなっているので
胴の可動部分を少し広げておきます

gt_s7_Z2.jpg
今回製作したパーツを組み合わせると画像のようになります
元の可動がいいのでシリンダーの形状に説得力があります

シリンダーの位置に幅が欲しかったので1mmのプラ角棒を挟みましたが、
可動部分の幅を広げるのがけっこう大変なので、ない方が良かったかもしれません

頭部のディテールはこれで完成なので以後のディテールは頭部に合わせることになります

「見えぬところに注がれる情熱、そこに価値があるというのか」
足裏ディテール

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2013/11/16 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL