ガーベラ・テトラ製作記「脚部形状変更」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ガーベラ製作3回目。今回は足回りをいじります

HGUCデザインではどうも足首が見えすぎていてひ弱な印象があったので、
カバーを大型化して隠すことにしました
gt_s3_.jpg


gt_s3_a1.jpg
HGガーベラの足首外装はハの時に広がっています
なんとなくガンダムっぽいというのか、ジオニズムが感じられないので少し内向きに加工します

gt_s3_a2.jpg
まずは裏側に溝を掘ります
大まかに直線のガイドととしてモデリングソーを使っています

gt_s3_a3.jpggt_s3_a4.jpg
デザインナイフも使って溝を掘り、直線的な傷をつけます

gt_s3_a5.jpg
ペンチを使って内側に曲げていきます
急に力を入れると割れてしまうことがあるので、ゆっくり力を入れて曲げます
画像ではパーツを傷つけないようにエッチングベンダーを使っています

gt_s3_a6.jpggt_s3_a7.jpg
より深く曲げたいときにはやすりを使って削りこみます

gt_s3_a8.jpggt_s3_a9.jpg
さらに曲げて地面に垂直になるようにします

gt_s3_b1.jpg
曲げ具合が決まったら黒い瞬間接着剤で仮止めします
がっちり固める必要はありませんが念のため

ここからパーツを盛りつけていきます
gt_s3_b2.jpggt_s3_b3.jpg
まずは1㎜のプラ角棒を接着し、頂点の高さの目安にします
曲げた部分が白化するので、ちょうどその線に接着するイメージです

gt_s3_b4.jpg
プラ棒の高さを目安にポリパテを盛りつけます
裏面も見える部分には盛り付けておきます

gt_s3_b5.jpggt_s3_b6.jpg
まずは大まかに形を出します
この先は全体とのバランスを見ながら形状を決定します

gt_s3_c1.jpggt_s3_c3.jpg
足首が見えすぎるのが気になるので、カバーを大型化して隠します
プラ板の積層で3mm延長します(積層についてはこちらで)
細かい隙間は黒瞬着で埋め

gt_s3_c5.jpg
サイドは画像のように地のプラが見えるまで削って角度をつけます

gt_s3_d1.jpg
最後はパーツを合わせながら調整します
見ようによっちゃこのままでもいいのですが、もう少し削ります

gt_s3_d3.jpg
目指す形状は旧キットの膨らみ具合です

gt_s3_d2.jpggt_s3_d4.jpg
削らない部分(頂点)にラインを引いて、それを細くするように削っていきます

gt_s3_d5.jpg
最終的には直線的というより、丸っこい感じに仕上げます

成型の都合凸モールドを削ってしまいましたが、後々ディティールアップの際にまた復活させます

「取り換えられるパーツと、作られるパーツ」
スラスター形状変更

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2013/10/18 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL