ガーベラ・テトラ製作記「肩部形状変更」 このエントリーをはてなブックマークに追加

腕部延長に続きまして肩部バーニア、スラスターをいじります
前回の腕部延長はこの形状変更の下準備のようなものです
gt_s1_Z1.jpg
画像は前回のラスト


まずはスラスターを加工します
gt_s2_d1.jpg
スラスターの接続部分をモデリングソーで切り出します
できるだけ直角になるように切ります

続いてスラスター本体側を切ります
gt_s2_d2.jpg
スラスターを4mm短縮します
ノギスを使って4mmの部分にキズをつけています
細かく図る必要がないので、簡単にアタリをつけることができます

gt_s2_d3.jpg
曲面はずれやすいので、ダイモテープを使ってガイドにします
加えて、念のためスジ彫り

gt_s2_d4.jpg
こちらも垂直に切断します

gt_s2_d5.jpggt_s2_d6.jpg
切り取りがすんだら接着します
基準としては内側がきれいにそろうように心がけます
切り取りや接着の段階でわかりやすい基準を決めておくと、左右の調整がやりやすくなります

gt_s2_f1.jpg
前回と同じく、セロテープをガイドにポリパテを盛ります
ついでに傷埋めもしておきます

硬化待ちの間に、スラスター先端を加工します
gt_s2_e1.jpg
まずは短くするにあたって邪魔になるスラスターフィンを切り取ります

gt_s2_e2.jpg
ついでにスラスター内部も開口します
加工しやすくするために、事前に接続ピンを切り落としておきます

gt_s2_e3.jpggt_s2_e4.jpg
まずは適当に穴をあけ、それをつなぐようにして削っていきます

gt_s2_e5.jpggt_s2_e6.jpg
仕上げにはダイヤモンドやすりなどを使って行います
加工の都合で元のパーツより少し薄くなっています

gt_s2_e8.jpg
フィンの先端をニッパーで切り取ります
特に長さは決めていませんが、左右が同じになるようにします

gt_s2_e7.jpg
ついでに旧設定画に合わせて削りこんでおきます

gt_s2_e9.jpg
仕上がりはこんな感じに
微妙に左右の形が違うような気もしますが、細かい部分はまた後程

gt_s2_f2.jpggt_s2_f3.jpg
硬化したスラスター本体を仕上げて完了です
ディティールはまたいじりますが、シルエットは完成です


続いては肩部バーニアを加工します
gt_s2_a1.jpg
バーニアは旧キットを利用してボリュームアップします

gt_s2_a2.jpggt_s2_a3.jpg
ボリュームアップとはいえさすがに深すぎるので、上部を切り取ります
事前にスジボリしておくことで、ニッパーを入れたときにパキッと割れてくれます

gt_s2_a4.jpggt_s2_a6.jpg
そのままパキパキと進めていきます
後々の処理する部分なので、この時点で断面は荒れていても問題ありません

gt_s2_a7.jpg
とはいえ少し気になるのでナイフで処理しておきます

続いてHGのバーニアと組み合わせていきます
gt_s2_a8.jpg
まずは接続の妨げになる旧キットのピンを切り取ります

gt_s2_a9.jpggt_s2_aa.jpg
HGバーニアを中に入れて接着します
裏面を見ながら中心に来るように調整します

gt_s2_b1.jpg
出来た隙間はポリパテで埋めます
このパテ埋めにはブースターを削っていく裏打ちの意味合いもあるので、深めに流し込むように埋めます

gt_s2_b2.jpggt_s2_b3.jpg
硬化したらまずは高さをそろえるように削ります

gt_s2_b4.jpg
先にバーニアの輪郭をしっかりと出しておきます

gt_s2_b5.jpggt_s2_b6.jpg
輪郭を出したところで外側をまるく削っていきます
イメージとしては旧キットバーニア部分の黒い線を細くする感じです

gt_s2_b7.jpggt_s2_b8.jpg
外側が決まったところで内側からパーツを薄くしていきます
ビットを変えながらぎゅいーんと
円形の切削はモーターツールがないと難しいかもしれません

gt_s2_b9.jpg
調整にはやすりを使用

gt_s2_ba.jpggt_s2_bb.jpg
左右を見比べながら仕上げます
細かい気泡は瞬間接着剤を使って埋めます

続いてブースター本体の加工
gt_s2_c1.jpg
まずは接続部分の隙間をプラ板で埋めます

gt_s2_c2.jpg
バーニア同様、削りこんでいくのでこちらもポリパテで裏打ちしておきます

gt_s2_c3.jpggt_s2_c4.jpg
同じ流れで、まずは無駄なポリパテを削ります
バーニアでふさいでほとんど見えなくなるで適当に

gt_s2_c5.jpg
旧デザインの丸っこいイメージに近づけるため、角を落としていきます

gt_s2_c6.jpggt_s2_c7.jpg
丸くする分、シャープなところはよりシャープに先端を鋭くしていきます

gt_s2_c8.jpg
消えがちなモールドは削る前にしっかりと掘っておきます

gt_s2_c9.jpg
荒削りの段階で左右を見比べながら、曲面を整えていきます

gt_s2_ca.jpg
仕上げはやすりで

説明の都合上バーニアとブースター本体を分けて説明しましたが、
実際には組んでみながら同時進行しています

gt_s2_Z.jpg
本体に組むとこうなります

HGUCの新規デザインはいかり肩のようながっしりとシャープな印象だったので、
旧デザインのなで肩気味なむっちりとしたパーツ密度の濃いイメージで仕上げています

「密度を上げ、かつてのラインを模索する」
脚部形状変更

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2013/09/27 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL