ガーベラ・テトラ製作記「腕部延長」 このエントリーをはてなブックマークに追加

HGUCガーベラテトラ、製作開始です
特別なテーマらしいテーマは決めていないのですが…
HGUC化によりアレンジされたキットを劇中のイメージに合わせ、
自分なりの“0083らしさ”を形にしたいと考えています
gt_s1_.jpg
画像はツイッターで公開したものと同じです
キットレビューはこちら


gt_s1_a1.jpg
まずは内部のフレームパーツを切断します
使用しているのはハセガワのモデリングソー
円形のパーツはパーツを回すように角度を変えながら切るとずれるリスクを減らせます

gt_s1_a2.jpg
断面は画像のようになります

gt_s1_a3.jpggt_s1_a4.jpg
やすり掛けして、接着面としてならしておきます

続いては延長
gt_s1_b1.jpg
延長はプラ板による積層で行います
接着はその場合わせで適当に、1mmのプラ板を2枚接着します

gt_s1_b2.jpg
仮止めができたらニッパーでパチパチと無駄な部分を切り取ります

gt_s1_b3.jpg
ある程度形を合わせたところで流し込みタイプのプラセメントで本接着します

gt_s1_b4.jpg
フレーム側も同じように延長します
(プラ板の積層について詳しくはこちらで)

gt_s1_c1.jpggt_s1_c2.jpg
硬化したらがりがりと削っていきます
フレーム側は装甲をつけるとほとんど見えなくなるので多少、雑でも構いません

gt_s1_c3.jpg
成型がすんだら接着します

gt_s1_d1.jpg
装甲側も削っていきます
まずはデザインナイフでカリカリと

gt_s1_d2.jpg
無駄な部分が減ったところで荒目のヤスリで形を出していきます

gt_s1_d3.jpggt_s1_d4.jpg
段のついた部分はナイフで角を出しておきます

gt_s1_d5.jpg
こちらも仕上げはやすりで

gt_s1_d6.jpggt_s1_d7.jpg
仕上がりは画像のようになります
表面処理もこの時点で済ませています

gt_s1_d8.jpg
まずは適当にピンバイスで穴をあけ、それをつなぐようにして切り出していきます

gt_s1_d9.jpg
手っ取り早い方法としてはルーターを使う方法があります
こちらもフレームパーツ同様見えなくなる部分ですので、多少荒くなっても構いません

gt_s1_dd.jpg
組み合わせると画像のようになります

これにて延長は完了です

続いては少しだけ可動を広げる加工を
gt_s1_f1.jpg
ボディと肩、バーニアをつなぐパーツはこのようになっています

gt_s1_f2.jpg
まずはバーニア接続の上部を切り取ります

gt_s1_f3.jpggt_s1_f4.jpg
バーニアを1mm外に広げたいので、接続ピン下に1mmのプラ角棒を接着しストッパーとします
合わせてピンにも1mmのプラ板を接着し、延長します

gt_s1_f5.jpggt_s1_f6.jpg
硬化したら、無駄な部分を削り取り、仕上げます
補強のため一部にプラリペアを使用しています

続いてバーニアと干渉する肩のアーマーを加工していきます
gt_s1_e1.jpggt_s1_e2.jpg
バーニアの可動の妨げとなる肩のアーマーの接続部分を切り取ります
画像では接続ピンごと切っていますが、外した方が楽に切れます

gt_s1_e3.jpg
腕の延長に合わせてアーマーも延長します
アーマーの裏面にセロテープを貼り、ガイドとしてポリパテを盛っていきます
(画像では低収縮タイプのモリモリを使っていますが、ポリパテであればなんでもいいです)

gt_s1_e4.jpg
ポリパテが硬化したらテープをぺりっと剥がします
少しノリが残るので、ラッカー溶剤などで拭いておきます

gt_s1_e5.jpg
パーツの延長、形状は左右と比べながら同じになるように削ります
延長の長さは決めていませんが、イメージとしては2mmちょっとです


gt_s1_Z1.jpg
キットに組み合わせると画像の通りです

もともとはトップの画像のようにバーニア、スラスターの形状変更まで紹介するつもりでしたが、
画像数が多くなりすぎたのでまた次回に
……とはいえバーニアはまだ加工中です

「新しきを生かし、古きをとりいれる」
肩部形状変更

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2013/09/23 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL