クロノスHG化製作記「考察編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

機動戦士ガンダムAGEよりクロノスをHG仕様に改造していきます
使用するのはHGゼイドラとAGクロノス
今回はAGクロノスをレビューしながら、どこをどう使うか考察します
chro_s1_.jpg
ちなみにHGゼイドラのレビューはこちら


chro_s1_1.jpg
AGキットの特徴として本体は肉抜きなどもなく、よくできています
ただ、武器などは肉抜きも多く、接続部分も粗雑な作りになっています
クロノスもハンドパーツの接続穴にプラ棒を接続するだけ
本体を作り直すようなパーツ取りには使えますが、肝心な武器の流用には使えません
…と実はその本体も問題があって、ゲイジングチップを内蔵するために胴体が後ろに長いです
さらにシールもありません

立ち姿を重視するためか腕には外に広がるような角度が付いています
正面に武器を構えると妙な角度が付いて不恰好になります
とはいえまともに動くのはほかに頭だけ
クロノスはキャノンも上下に動きます

ゼイドラとは兄弟機だけあって共通部分は多いです
色こそ違えど、頭、二の腕、モモ、胴体、腰は共通

AG側から流用できそうなパーツは腕、ふくらはぎ、肩アーマーあたりでしょうか
ガトリング、キャノンや羽などの部分は…、微妙なところです

chro_s2_3.jpg
羽の形状は近いものの、内側のデザインが異なります
可動を考えるとゼイドラから流用しつつ、キャノンとの接続を追加することになると思います

キャノンの上部、下部の羽部分は本来フィン状です
ガトリングも持ち手部分はもっと太い作りで、銃口も本来は凹型です
武器などの作りはかなり大雑把になっています
流用するか、スクラッチで対応するかは…、今のところ決まっていません

少しわかりにくいですが腰は尻尾ソードがないだけで同じ形状をしています

chro_s1_4.jpg
AGのパーツ構成はこんな感じ
個別の製作で詳しく解説しますが、足や腕などがほぼ一体のパーツになっています
流用するにしてもモモとふくらはぎなどを分割することからのスタートになります

作業は既に進行中…
パーツ流用あり、可動追加あり、スクラッチありの楽しい製作になりそうです

次回
腕、可動
「三つの運命が 歴史になる」


補足でさらにAGクロノスについて
ランナーは4つ、HGだと2つ分くらいの大きさです
そのほとんどが黒ランナー、グレーが少しだけ、それにクリアパーツが1パーツだけあります
ゲートはタッチゲート式で、ニッパーなしでもパチパチ外せて、組み立てもブロックを組むような感じです
ただし…、前述のように動きもブロック並みです
主人公機のような意欲的な色分けなどもなく、正直これで定価700円は高い
クロノスはヴェイガン系で一番好きな機体なんですがね…
関連記事
[ 2013/08/07 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL