HGAGE「ガンダムAGE-1ノーマル」レビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は「機動戦士ガンダムAGE」より、主人公フリット・アスノの機体ガンダムAGE-1(ノーマル)をレビューします
なんとも今更…、ではありますが、積みっぱなしになっていたので組んでみました

フリット・アスノによって開発されたMS。敵や状況に合わせてウェアを換装し、新しい機体に変化することが可能
UE(アンノーン・エネミー)とよばれる正体不明の敵に対抗できる唯一のMSである

HGAGE1_r_.jpg


HGAGE1_r_1.jpgHGAGE1_r_2.jpg
HGAGE1_r_3.jpg
プロポーションやスタイルについてはもはや言わずもがな
HGとしてはトップクラスの色分けの精度をもちます
頭部や胸部の色分けは見事というよりもはや異常です
色分けが高い分パーツ密度が高くなり、パーツを埋め込むためのそれなりのゲート処理が必要とされます

ランナーはA,B,Cのプラランナーとポリキャップ、サーベル用のクリアパーツという構成
パーツ数自体も少なく、組みやすいシンプルな構成になっています

腰のフロントアーマーは分割すれば左右別に動かすことができます
今回は無改造でそのままにしています

合わせ目は消すのであれば頭部横、下腕裏、ふくらはぎ裏くらいです
目立つところにはありません

HGAGE1_r_a1.jpg
ハンドパーツは武器保持用の握りこぶしの他に、左手用の平手が付属
平手は少し変わった角度が付いていますが、個人的には好きな表情

HGAGE1_r_a4.jpg
シールはひざ装甲用の黒、アイカメラなどのレンズ用のメタルグリーンが付属
胸部のAGEマーク(?)はパーツ分割が良いので塗装しやすいのですが、頭部は塗装しようとすると高難度です

HGAGE1_r_a3.jpg
ちなみにAランナーにはパーツ番号もついていない謎のパーツが付属します
こちらはAGEシステム封印用の埋め込みパーツです

HGAGE1_r_a2.jpg
可動に関しては動くためのデザインとパーツ構成です
特に足首の柔らかさは類を見ません
可動範囲もさることながらパーツの干渉も抑えられています

HGAGE1_r_b1.jpgHGAGE1_r_b2.jpg
ライフルは差し替えでドッズライフル形態への変更が可能
何度見ても通常のライフルモードは締まりのないお姿

HGAGE1_r_b3.jpg
もはや当然のように両手持ちでのポージングができます

HGAGE1_r_c3.jpgHGAGE1_r_c2.jpg
サーベル刃は2本付属、ショートサーベルも2本付属します
独特の平面的な形状になっています

HGAGE1_r_c1.jpg
サーベルは腰のリアアーマーにはめ込みでマウントされています
可動式ではありませんが、角度をつけて抜刀っぽいポーズをとることもできます

HGAGE1_r_d1.jpg
シールドにはポリキャップが仕込まれ、角度をつけることができたり、
裏面にはグレーのプラパーツ分割がされていたりと、
シンプルながらも良くできた構成になっています

HGAGE1_r_d2.jpg
手首周りのパーツは差し替えで、盾の接続を変えることができます
腕部の疑似可動のようなものでしょうか

HGAGE1_r_Z.jpg
AGE-1レビューでした

ハッキリいって劇中のイメージよりもかっこよく、立ってるだけで様になる好キットです

パーツ構成がシンプルで改造も塗装もしやすいです
AGEシステムって設定もあって自由度の高いキット、オリジナル設定でいろいろ考えるもの楽しいです

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2014/01/19 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL