HGUC「ガーベラ・テトラ」レビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりのキットレビュー
今回は満を持して登場、機動戦士ガンダム0083より、ガーベラ・テトラをレビューします

元々はガンダム開発計画のうち、強襲用MSガンダム試作4号機(GP04)として開発されたものの、
GP01Fbとのコンセプトの重複によりガンダム開発計画から除外、
後にジオン系の外装へと換装され、シーマ艦隊に譲渡された機体

ジオンの皮をかぶったガンダムです
gt_r_.jpg
ちなみに旧キットのレビューはこちら


まずは素立ちから
gt_r_1.jpggt_r_3.jpg
gt_r_2.jpg
大柄な外装を抱えつつもコンパクトにまとまっています

ランナーはA,B1,B2,C,D1,D2のプラランナーにポリキャップという構成
B1とB2、C1とC2は半分ほどが共通パーツで、2個ずつ作ることで組み立てが簡素化されています
しかしながら思いのほか関節パーツが多く、組むのは少々大変

gt_r_a1.jpg
その関節の多さは伊達ではなく、立膝ポーズもきっちりこなします
ひざ関節は、立ち姿ではふくらはぎに納まるようになっていますが、ひざを曲げる際にはせり出してきます
ただし、関節の曲げ方を間違えるとパーツと干渉してしまうので、モモ側から曲げて連動させる必要があります

gt_r_a4.jpg
足裏にはしっかりとしたモールドがあって、そのモールドの形が左右違うという芸の細かさ

gt_r_a2.jpg
アクションベース用の穴にはポリキャップが使用されています
ですが穴をふさぐようなパーツはありません

gt_r_a5.jpg
モノアイは黒いシールを貼って、その上から目を貼り表情をつける仕組みになっています
アイシールは3つあって、2つは予備
ヘッド後ろのモノアイにも表情をつけることができます

gt_r_a6.jpg
そのヘッドパーツはプラ接続、ですが首には前後可動があります

gt_r_b1.jpg
手持ちの旧キットと比較
旧キットではずいぶん大きくなってしまっていたのですが、HGUC化で見事にコンパクトになりました
この納まりの良さは見事としかいいようがないです

gt_r_b2.jpg
ガーベラ・テトラ全高18m、GP01Fb全高19m
アンテナ分でガーベラの方が高く見えますが、設定に忠実になりました


gt_r_c1.jpg
ビーム・マシンガン装備
スラスターへの干渉を腕、肩の可動でなんとか避けるようなポージングになります
ですが、腕周りの可動が優秀なので、ポーズは決まります

gt_r_c2.jpg
保持のハンドパーツの関節部分には独特の癖があり、あるポーズは取りやすいのですが、
思いのほか取れやすいです
ライフルの構造はほぼモナカです

gt_r_c3.jpg
ビームサーベルは2本付属
アームの構造上、手首の保持がちょっとゆるいです

gt_r_c5.jpg
独特の形状のビームサーベルを2パーツで再現しています
サーベル刃は少し短めですが、装備してみるとちょうどいいような気がします

gt_r_c4.jpg
ハンドパーツの作りがよく、きっちりと5本の指で保持するようになっています
そのかわり保持はちょっとゆるいです

gt_r_d1.jpg
シュツルム・ブースター装備
MSの背丈ほどある巨大なブースターです
構造は割と簡素

gt_r_d2.jpg
本当にでかいです

gt_r_d3.jpg
ブースターとの接続部分には差し替えの干渉を抑えるためにポリキャップが使用されています
「設定と違う」というえばそうですが、こういう配慮はうれしいです

gt_r_Z.jpg
以上、ガーベラテトラレビューでした

多曲面で仕上げられた独特のデザイン、密度の濃い関節、それらを見事に設定のサイズでまとめた傑作キットです
…とはいうもののライフルやブースターはモナカ構造だったり、スラスターの裏面はペロンとしてたり、
目につくところに肉抜きがあったりと、作り手の腕が試されるような部分もあります
なんというか、そんな部分も含めて“傑作”だと個人的には思います

同時に発売されるRGと並べて恥じることのない傑作です

(2013.09.23:追記)
製作開始!

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2013/07/27 01:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL