アルケー製作記「可動追加・つま先編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

アルケーガンダム製作記、今回はつま先の可動を追加します
つま先、というかビームサーベルの「ぎっちょん」部分です
arc_s3_z2.jpg
「チョイサー!!」


arc_s3_a1.jpgarc_s3_a2.jpg
まずはつま先のビームサーベル発生部分を切り出します
一度BMCタガネであたりをつけてからエッチングソーで切断しています

arc_s3_a3.jpg
切り出したパーツはこんな感じ

続いて下部分
arc_s3_b1.jpgarc_s3_b2.jpg
こちらに3㎜のプラ角棒を仕込むのですが、ちょっとだけ内幅が合わなかったので削って広げます
見える部分ではないので、削り方は割と雑です

arc_s3_b3.jpg
中に3㎜の受けがあるので、それを利用して位置決めと補強をします

arc_s3_b4.jpg
丸棒と角棒を直角に取り付けるとパーツに合わないので、
パーツに合わせながら角棒を削って調整し、そのまま接着します

arc_s3_b5.jpgarc_s3_b6.jpg
硬化したらパーツから取り外し、プラ棒、角棒を切ります

arc_s3_b7.jpg
接続パーツの完成形はこんな感じ
基本的に長さは測らず、パーツと合わせながら左右が同じになるようにしています
こちらの接続パーツは位置決めが終わったのちに本体パーツに接着します

arc_s3_b8.jpg
接続用のピンに使用したのはイエサブ球体ジョイントのABSランナー
1㎜の真鍮線でもよかったのですが、少し柔らかい素材を使って差し替えに耐えるようにしています

arc_s3_c1.jpg
先ほど切り出したつま先の部分も、似たような要領でパーツに当てながらプラ棒の角度を調整します

arc_s3_c2.jpg
パーツに合わせるとこうなります
接続部分には隙間を作り、のちの工作のゆとりにしています

arc_s3_c3.jpg
合わせた時の外見はこんな感じ
少し隙間や傷ができてしまうので、のちのディティールアップで差し替えの隙間を作りつつ修正します

arc_s3_c4.jpg
つま先の可動用差し替えパーツは、なんやかんやでこうなります
つま先からにゅっと出てくるイメージで10㎜の3㎜角棒で延長、可動部はコトブキヤのHジョイントです
サーベル接続部分は45度に切断した3㎜角棒を0.5㎜プラ板、1㎜角棒で幅増しし、ベースとしています
こちらも非可動のつま先と合わせて、後々にディティールアップします

arc_s3_z3.jpg
使用イメージ
劇中よろしくな多角戦闘ができるようになりました
一時的に普通の丸いビームサーベルをつけていますが、アルケー用もつけられるようにする予定です

もともとつま先からにゅっとせり出すところまで可動化する気でいたんですが、
どうしてもサーベル可動部の埋め込みがうまくいかず断念しました
前回の足首の可動から足回りのギミックはいっぱいいっぱいですが、
なんとかぎりぎりまとまったと思います

次回は、ファングかハンドパーツかアームの可動です

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2013/06/24 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL