DIYショップ「注油用ポリ容器」レビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

ツールレビュー、今回は地味ですが使用頻度の高い溶剤用容器、
注油用のポリ容器を紹介します
模型店ではなく、ホームセンターで購入した商品で、
大澤ワックスの「ポリクリーン」を使っています
DIY_PEB_.jpg


仕様
DIY_PEB_1.jpg
使っている注油容器はこのようなもので、容器を押すと内圧でノズルから溶剤が出ます
ポリ容器であれば100円ショップのドレッシング入れなどでもいいのですが、
「灯油や機械油でもOK」という安心感からこちらの容器を使っています
ちなみに「揮発性の高いものは入れないでください」とも書いてあります
長い間使用せずにいると、ノズルから噴き出してしまうことがあるので注意してください

もともとふたがないので、押しピンで栓をしています
基本的に栓をしなくても揮発はほとんどありません


使用例
では使用例を
DIY_PEB_a1.jpg
何より便利なのがエアブラシ塗装中に使用する場合です
使用量が多く使用頻度も高いので、容器の差が顕著に表れ、作業効率が確実に上がります
容器を傾けずに使えるのもいい感じです

DIY_PEB_a2.jpg
塗装皿など、低い位置でも問題なく使用できます
傾けても容器を押さない限り溶剤は出ないので、細かな調整も利きます


詰め替え
DIY_PEB_b2.jpg
Mr.カラーうすめ液を注入する際にはうすめ液用注ぎ口があると便利です
ヘッドを90度回すだけで開閉ができ、液切れもいいです

DIY_PEB_b1.jpg
ガイアの1000ml容器は詰め替えるのも一苦労です
Mr.カラーの注ぎ口は取り付けられないので、ガイアノーツのニードルキャップをつけて詰め替えます
Mr.カラー注ぎ口と比べると液切れが悪いのがちと難点

DIY_PEB_b3.jpg
ちなみにこちらはタミヤの特大容器にも使えます

この手の注ぎ口はポリ容器さえあれば、詰め替えのときにしか役に立たないのですが、
注ぎ口もどこかで紹介したいというものあって一緒に紹介しました


ポリ容器の紹介でした

そのほかにホームセンターで買ったもので、豚毛ブラシやスポイト、ねじなどいろいろあるのですが、
一番便利だったこちらをメインとして紹介しました
ホームセンターでは普段、模型店では見かけない“使えそう”な商品があって、なかなか楽しいです
つくる人も「もしかしたらコレ何かにつかえるかも…」と買ってみては家に帰ってがっかりしています(笑)


自分がホームセンターで購入したのは大澤ワックスのポリクリーンですが、
アマゾンで購入するのであれば丸型洗浄瓶の方をお勧めします

調べてみるとアマゾンのDIYグッズは意外と品ぞろえがいいです
ホームセンター気分で見ても楽しめると思います
amazon注油工具のベストセラー
関連記事
[ 2013/06/21 00:00 ] ツールレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL