アルケー製作記「可動追加・足編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

アルケー製作、今回は股関節とつま先を改造します

先にいっておきますが、効果はひじょーに地味です
arc_s2_.jpg


股関節の拡張

arc_s2_a1.jpgarc_s2_a2.jpg
股関節を分解します
上のピンはそのまま使うので、エッチングソーを使ってきれいに切ります

arc_s2_a4.jpg
足の付け根部分も切断します
こちらは後で調整するので、多少粗っぽくニッパーで切ってしまって構いません

arc_s2_a5.jpg
5㎜の角棒を使って厚みを作ります
補強のために真鍮線(1mm)を仕込んでいます

arc_s2_a6.jpg
付け根にも真鍮線を仕込んでいます
股関節は力の加わりやすい部分ですので、ガッツリ補強しています

arc_s2_a7.jpg
大まかな完成形はこんな感じ
微妙に外側に広がり、少しだけV字型になっています

接着は、真鍮線に瞬間接着剤を使って仮止め、流し込みタイプのプラセメントを使って本接着、
穴抜き部分や隙間をプラリペアで埋めて補強
ありとあらゆるものを使って、これでもかってくらい丈夫にしています

[参考]プラリペアについて
プラリペアは粉と液の2種混合タイプの造形補修剤、簡単にいうと溶着の性質をもったパテみたいなものです
詳しくは製品のホームページを見ていただくとして…、使い勝手について
実際に使ってみると、プラや瞬間接着剤よりも硬く、石のような高度になります
またパテのように使うと、思いのほか液が広がり、ポリパテやラッカーのような細かい造形ができません
ですので、プラモデルに使うのであれば一度プラセメントなどで仮止めしてからの補強がメインとなります
型取りして複製するような使い方は未経験ですので割愛させていただきます


つま先の可動
続いては、つま先の可動を追加
arc_s2_b1.jpg
元の形は画像のようになっています
まずはこちらを分解します

arc_s2_b2.jpgarc_s2_b3.jpg
見えるような部分ではないので、ニッパーでパチパチと切り出します

arc_s2_b4.jpg
残った部分をデザインナイフで切り取り、ヤスリで平面にします
少し傷が残ってしまいましたが、特に問題ありません

arc_s2_b5.jpg
横の部分を切り取ります
こちらは後で使うのでエッチングソーできれいに切り取ります

arc_s2_d6.jpgarc_s2_d7.jpg
切り取ったパーツをつま先部分に接着します
のちに削って調整しますが、ある程度平面になるようにしておきます

では、本格的に可動の追加へ
arc_s2_c1.jpgarc_s2_c2.jpg
足首の関節内部はこんな作りになっています
こちらの上面ぴったりの位置に、2㎜の穴をあけます

arc_s2_c3.jpg
足首にはwaveのボールジョイント(BJ-03)を仕込みます
足首内部で軸が動くことにより、可動のゆとりができます

arc_s2_c4.jpgarc_s2_c5.jpg
ジョイントを仕込む受けを作るため、ポリパテで埋めます
もともとのパーツでもそれなりの締め付けはあったのですが、念のため補強しています

arc_s2_c6.jpg
周りはプラセメントで接着しておきます

arc_s2_e1.jpg
ポリパテが硬化したら再度穴あけします
事前に穴あけをしておくことで、接着後の目安としています

続いてつま先側に受けを作ります
arc_s2_d1.jpg
元あった受けを、黒線の部分だけ削ります

arc_s2_d2.jpgarc_s2_d3.jpg
加工はナイフでカリカリと…でもなんとかなりますが、なんだかんだモーターツールの助けも借りました

arc_s2_d4.jpgarc_s2_d5.jpg
元あった受けが3㎜だったので、BJ-3がすっぽり入ります
とはいえちょっとゆるかったので、瞬間接着剤を使って少しきつくしています

arc_s2_e2.jpgarc_s2_e3.jpg
最後につま先下部分を削って、足首パーツとの干渉を避けます

arc_s2_e4.jpg
パーツを接続したときの可動はこのようになります
びみょーな可動域ですが、裏が見えすぎない絶妙な可動になったと思っています

arc_s2_Z.jpg
加工前、加工後で比較

よく見比べるとちょっとだけ足の開きが大きくなり、足首に表情が付くようになりました
手足の延長もあって、よりオーバーアクションが様になるようになってます
…ホントにわかりにくいんですが

次回
つま先可動追加

「ギッチョン」

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2013/06/19 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL