ジンクス製作記「仕上げコート編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ジンクス製作記ラスト、仕上げコートを行います
コートを持って塗装も終了ということで、持ち手やマスキングを外しながら一気に完成まで持っていきます
gnx_p4_Z.jpg
需要があるのかはわかりませんが作業机はこんな感じです


仕上げコート

gnx_p4_1.jpg
例によって仕分けから
こちらのパーツはすべてつや消しでコートします

gnx_p4_a1.jpg
コート用のクリアカラーはよく使うので、エアブラシ用に薄めたものを作り置きしています
使用するクリアーはガイアのExフラットクリアーと蛍光クリアーです
ガイアカラーは値段の割に量が多いので、買い置きしています

gnx_p4_a2.jpggnx_p4_a3.jpg
サーベルやレンズなどのクリアパーツは光沢でコート
ライフルなどのメタリックパーツは半光沢でコートします
今回マスキングをするような細かい艶分けはしません

コートはクリアーで、パーツに乗ったのかが分かりにくいので、塗装はうすーく広げる様に心がけます
塗装も終盤となり失敗できないので、薄く吹いてコート出来てない部分があれば再コートする意識で塗装します


gnx_p4_b3.jpggnx_p4_b4.jpg
心なしかコートの方が埃が付きやすいような気がします
仕上げとなるとフォローが難しいので、気づいたらすぐに処理します
塗るのではなく、薄く広げる意識でいれば、ほこりがこべりつくようなことはありません

gnx_p4_b5.jpg
乾燥後は塗りムラがないかチェックしながら組んでいきます

組み立て

gnx_p4_c1.jpggnx_p4_c2.jpg
コートが終わればシール貼りです
なんだかんだでキット付属のシールはすべて使いました

gnx_p4_c3.jpg
仮組みでゆるくなってしまった部分にはプラセメントを使って接着します
あんまり必要ないのですが、ゆるくなると情けないので固定しておきます

gnx_p4_.jpg
そんなこんなで仕上げも終了です

コートに要した時間は1時間半ほど、その後の組み立てに30分くらいです

製作時間をまとめると
キット組み立て2時間30分
合わせ目消し(埋め)1時間30分
表面処理5時間
サフ塗装1時間
エアブラシ塗装(前)1時間30分
マスキング1時間30分
エアブラシ塗装(後)4時間
ウォッシング塗装5時間
コート1時間30分
仕上げ組み    30分
総製作時間24時間
となりました
…ああそんなにかかっているのねという感じです
丸2日使って1個完成、というと、なんとなくそんなもんかという気がします
撮影にかけた時間や、なんとなく眺めているだけのカウントしてない時間もあるので、
時間はあまり正確ではないかもしれません

次回はギャラリーアップです


(蛇足)完成してからすること
完成したら撮影してブログにアップするのが自分にとって一連の作業のようなものです
そのとき撮影と同時に行っているのが反省です
ウォッシングでも少し触れましたが合わせ目が残っていたり、傷が残ってたりするのにもこの時気づかされます
そのほかにも、終わって全体を見てみると、ハンドパーツの裏がほとんどプラのまんまで、気になってしまいました
見えるパーツの裏は全部黒くしておくくらいの方が全体が締まるような気がします
こういう反省点は修正しようと思えばできんことはないのですが…、なかなか気がわかんもんです
この時の反省点は次回作で生かすようにしています
たとえば基本製作のときには裏面への影は塗装していません
陰影をきちんと意識するようになったのはそれ以降の製作からですね
こういった反省点を次に次にと生かしていれば、いつかは上級者になれるのではないでしょうか
ここまでの駄文、お付き合いいただき本当にありがとうございました
関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2013/06/07 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL