ジンクス製作記「ウォッシング塗装編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ジンクスの製作も終盤、今回はエナメル塗料を使ったウォッシングを紹介します

すでにお気づきの人もいるとは思いますが…、それほど“普通”には塗装していません
gnx_p3_.jpg


ウォッシングの前にアイパーツのエナメル塗装から
gnx_p3_a1.jpg
アイパーツには事前にレンズ色のパープルをエアブラシ塗装しています

gnx_p3_a2.jpggnx_p3_a3.jpg
タミヤのエナメルフラットブラックをぺたぺたと、さほどはみ出しを気にせずに塗ってしまいます
エナメル塗料は伸びがよく、細い部分にもスーッと伸びていきます

gnx_p3_a4.jpg
ついでにバーニアの噴射口なども塗っておきます

gnx_p3_a5.jpg
フラットカラーは指で触れる状態(指触乾燥)になると画像のように曇った状態になります
この状態になるとふき取りが可能です

gnx_p3_a6.jpg
拭き取りにはエナメル溶剤を含ませた綿棒を使います
含ませるといっても、画像のように少し湿った程度です

gnx_p3_a7.jpg
拭き取り後はこんな感じ
ちょっと拭き取りすぎて上の部分まで落としてしまいました

gnx_p3_a8.jpg
落ちてしまった部分を修正して完成です
エナメルは下地のラッカーを溶かさないので、このような上塗り、拭き取りを利用した塗装が可能です

こうしたエナメル塗料の伸びの良さ、拭き取りの容易さを利用したのがウォッシング塗装です
次からはウォッシング塗装本編に入ります

ウォッシング

墨入れ塗装
gnx_p3_b1.jpg
ウォッシングでもまずは色ごとに仕分けします

gnx_p3_b2.jpg
ウォッシングは筆塗りですのでマスキングなどの必要はありません
ライフルやフレームグレーにはフラットブラックにシルバー少量加えたカラーを墨として使用しています

ウォッシングは、以前にブレイヴの製作で失敗してしまいました
その時経験して学んだことが「圧力のかかる部分に墨が流れ込まないようにする」ということです
具体的には
1.圧力のかかるピンや受けを減らすために、組み立ては最小限にする
2.流れ込み防止のため、合わせ目消しが必要ない部分でも接着しておく

という2点を実践していきます


ではライトグレーへのウォッシングで解説
gnx_p3_c2.jpggnx_p3_c3.jpg
今回はウォームグレーを使うので、フラットブラウンに白と黒を加えて調整します
そちらを2倍程度に薄めて塗装します

gnx_p3_c4.jpg
墨を薄く伸ばすように塗装します
「2倍に薄めたエナメル塗料」というのはぎりぎりたれない程度ですが、
ダボへの流れ込みを防止するために、塗装は1パーツごとに行います

gnx_p3_c5.jpggnx_p3_c6.jpg
ウォッシングでも筆塗りと同じ意識で、細い部分には丸筆、広い面には平筆と使い分けます

gnx_p3_c7.jpg
塗装後はこんな感じ
少し心配していたのですが、液溜まりなどの影響はありませんでした


続いてホワイトへ
gnx_p3_d1.jpg
先ほどのウォームグレーにさらに白を加えて、ホワイト用の墨にします

gnx_p3_c1.jpg
ホワイトでも同じようにまずは仕分けです

ホワイトもライトグレーと同じように、筆塗りと同じ意識で墨を広げます

gnx_p3_d2.jpg
乾燥時間は前述の指触乾燥でもいいのですが、個人的にはしっかり乾燥させた方がいい“染み”になる気がします
というわけで2~3時間かけて乾燥させます
この染みが残りやすいように、エアブラシ塗装ではフラットベースを添加し、ややつや消しにしています


拭き取り
gnx_p3_e1.jpg
ウォッシングの拭き取りではこんな道具を使います
左からキッチンペーパーとベビー綿棒、普通の綿棒、キムワイプです
含ませるたびに溶剤を取り出すのも面倒なので、塗料皿にエナメル溶剤を入れておきます

[参考]キムワイプについて
キムワイプは毛羽立ちや埃の少ないティッシュのようなものです
ティッシュより小さく、一枚の厚みがちょうどいいので、仕上げの拭き取りに使えます
ただし、吸水力(保水力)が低く、一枚当たりもティッシュより割高なので、まともに使うと高コストになります
ですので、大きく、肉厚で保水力のあるキッチンペーパーを併用するようにしています


gnx_p3_e2.jpg
キムワイプに溶剤を含ませ、キッチンペーパーに押し付けて吸い出してしまいます
キムワイプの保水能力はもともと低いのですが、拭き取りにはこのように固く絞った感じがちょうどいいです
綿棒も使うときには同じようにペーパーに押し付けて溶剤を吸い出します

gnx_p3_e3.jpg
拭き取りはある程度組んだ状態で行うと影の調整がしやすいです
この時の溶剤の流れ込み防止のためにも、拭き取りは固く絞った状態で行います

gnx_p3_e4.jpggnx_p3_e5.jpg
キムワイプを使ってバーッと拭き取ります
一定の方向に拭き取り、縦に筋を残すように意識します

gnx_p3_e6.jpggnx_p3_e7.jpg
細かい部分は綿棒を使って調整します
完全に拭き取ってしまうとスミ入れと変わらなくなってしまうので、お好みで影を残します

gnx_p3_e8.jpg
凹凸の細かいパーツでは最初から綿棒を使ったりもします
この拭き取りが完了した状態がトップの画像です

(蛇足)ウォッシングは上級者向け?
「組み立ては最小限にする」「流れ込み防止のために接着しておく」という2点さえ守っていれば、
後は塗って拭くだけですので、技術的にはウォッシング塗装は難しくありません
ですが、細い部分までよく伸びるエナメル塗装の性質から、工作での粗が強調されます
今回の製作でもゲート跡に染みが残ってしまったり、消し損ねた合わせ目が目立ってしまいました
ウォッシング塗装は工作の精度に自信がある人向けかもしれません
逆にいうとディティールを強調する塗装法であるといえます


というわけでウォッシング塗装編終了です

雰囲気としてはスミ入れに近いのですが、ウォッシングの方がより広範囲に影を演出します
エナメル塗料の特性などについては基本製作の方が詳しいので、こちらをご覧ください

ウォッシング塗装にかかった時間は5時間ほど
普通に塗装するのと同じくらいの時間がかかる、という印象です

次回で製作記もラスト、仕上げに入ります

関連記事
[ 2013/06/02 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL