エヴァ初号機製作「仕上げ編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

エヴァンゲリオン初号機、製作記もラスト、仕上げです
メインとなるのは武器のカラーリングについて
本体が“CGアート風”の塗装であるのに対し武器は“多色塗装による模型的リアリティ”がテーマ
簡単にいうと色分け頑張りました
eva_s4_.jpg



まずはちょっと特殊な、バレットガンの後ハメから
eva_s4_a1.jpgeva_s4_a2.jpg
積層により作った厚さ2.5㎜のプラ板を溝に挟み込みます
接着は塗り合わせタイプのプラセメントで(プラ積層について詳しくはこちら
上にそろえるためにプラ積層後にある程度の平面化が必要となりますが、
中に仕込むだけなので、硬化待ちは30分程度で十分です

ではそのバレットガンの色レシピ(以下、Mr.カラー=Mr.、ガイアカラー=Gaと略
eva_s4_a3.jpg
テーマである色分けをもっとも頑張ったバレットガン
銃身と上部をCCブラックパール、本体の丸い機械的部分も同じ色です
本体の濃いグリーンをMr.グリーン+Mr.ブラック、
淡いグリーンは濃いグリーン+Mr.ニュートラルグレー+Mr.ホワイト+Mr.レッド
背部をMr.レッド+Mr.ブラック、一部をニュートラルグレーやMr.カッパー、GaEXシルバーで部分塗装

武器に使うカラーは隣り合う色に合わせて細かく調整しています
それ故に混合比などがちょっとあいまいです

eva_s4_b1.jpg
ガトリングガンは銃身をGaEXシルバー、
その他本体にはニュートラルグレーを加えた金属感を抑えたシルバーを使用
リベットをMr.カッパーで部分塗装
もっと色分けをこだわっても良かったのですが…
エヴァにガトリングガンという組み合わせがあまり好きではないので、ちょっとおざなりに

eva_s4_b2.jpg
ほとんど見えませんが、せっかくなのでマガジンの弾丸のみCCブラックパールで塗装しています

eva_s4_b3.jpg
こちらはプログレッシブナイフ
本体の黒はエヴァの黒に合わせてCCブラックパール→クリアブラックで塗装
刃の部分はMr.クロームシルバーの上から刃先を避けるようにCCブラックパールを塗装
持ち手はMr.レッド+Mr.ブラックで塗装

続いては本体の付属品
eva_s4_c2.jpg
アンビリカルケーブル。なんとか予定通り後ハメできました
本体はGaEXシルバー+Mr.ニュートラルグレー、パイプをMr.ニュートラルグレー、
一部をMr.ゴールド、Mr.レッドで塗装しています

eva_s4_c3.jpg
こちらも色分け頑張ったエントリープラグ
本体をMr.GXホワイトにMr.シルバーを極少量加えたカラーで塗装
ラインにMr.レッド、Mr.ブラック+Mr.グリーン、GaEXシルバー+ニュートラルグレーを使用

なお、エヴァ本体にスミ入れをせずハイライトとシャドーを入れていますが、
武器や付属品にはハイライトとシャドーを入れず、スミ入れのみで仕上げています
塗料はタミヤのエナメルフラットブラック、スミ入れ方について詳しくはこちら

eva_s4_c1.jpg
なお、本体の目には初めて使用するハセガワのホログラムフィニッシュを貼ってみました
使用法などはいつかどこかで紹介できれば、とは思います
目の周りはMr.スモークグレーで少し暗めにしています

そんなこんなでエヴァ初号機製作記終了です
工作に関しては少々特殊な後ハメはあれどシンプルに、
しかしながら塗装ではいくつか新しい試みを試してみました
技術不足な点はあれど“CGアート風”という表現はうまくできた気がします
ギャラリーをお楽しみに

次回
エヴァンゲリオン初号機(序)
完成

さぁ~て最後まで、サービス、サービスぅ!

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2013/02/09 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL