1/144 「スサノオ」改め“イザナギ” このエントリーをはてなブックマークに追加

お待たせしました機動戦士ガンダム00より、スサノオ改めイザナギ!
ようやく完成品アップです
製作期間は約半年、なんか1年以上作り続けていたような気がします…

スサノオの発展型としてあったペーパープラン、というイメージで
ダブルオーセブンソード/G的なポジションの機体です
スサノオ 完成 トップ
表紙はスサノオ箱絵風に
キットレビューはこちらから
製作記は以下から
1.腕短縮 2.スネ延長 3.肩可動 4.ドライブ可動 5.腕形状変更 6.鞘スクラッチ 7.胴体GNコンデンサ
8.GNキャノン 9.ハンドパーツ 10.頭部形状 11.ディティールアップ 12.改造編まとめ 13.パール塗装 14.カタナ塗装

総画像数439


まずは例によって正面から
スサノオ 完成 前スサノオ 完成 右
スサノオ 完成 左
スサノオ 完成 後
色はいつの間にかこんな感じになりました
マスラオ=赤→スサノオ=白、ときて、イザナギ=青に
赤→白→黄色?ともよぎったのですが、鞘やグラサンにゴールドを入れたかったので青に
なんとくガンダムっぽい配色にしています

スサノオ 完成 ポーズ2
片側に二刀納刀することもできます
ポーズもお気に入り

鞘はサーベルへの急速チャージが可能なコンデンサー、という設定です

スサノオ 完成 キャノン1
GNキャノン
ソレスタルビーイング号の大型砲から技術転用されており、GNドライブから直接、粒子を放出する

GNキャノンといいつつもブレイヴのドレイクハウリングに近いイメージ
ここからコンデンサーを利用したのが、ドレイクハウリング
ドライブへの負担を減らしたのがブレイヴのGNキャノン、と考えております

スサノオ 完成 ペンタ1
ペンタパニッシャー
トライパニッシャーにGNキャノン2門が追加されたもの
粒子消費量が他の武装と比べ桁違いに多く、使用すると機体出力の30%が低下する

トランザム状態で使用したら一発で機能停止、くらいな感じです
旧トライパニッシャーの部分には蛍光レッドで塗装した携帯用のジュエルシールを張り付けています
肩の可動やらドライブの可動が生きて、なんともクリーチャーライクに
敵っぽくて好きですね

スサノオ 完成 エフェクト2
「ビームエルボー!」
両腕に蓄積された余剰GN粒子を推進剤として放出する
パイロットの技量によっては、ビームサーベルとして使用することも可能である

イメージとしてはV2の光の翼
スサノオのガントレットが「エネルギーの逆流対応のため」とのことだったので、
「なら逆流させて放出してもいいやん」ってことでこんな形に
肘にスラスター、というのはゲルググなんかにもありますね(効果のほどは不明;)
ネーミングはテレビ見てたらガンダムがビームラリアットなるものをしていたので

スサノオ 完成 エフェクト3
両腕エフェクト装備
なんとなく忍者っぽい感じ
マスラオのサーベルの長さを調節して2本とも同じ長さにしています

スサノオ 完成 エフェクト1
「イザナギフィンガー!」
GNフィールドを付加した掌で敵を貫く

まさに“ゴッド”フィンガー(笑)
ヒートエンド時にはエフェクトが噴き出すイメージ

「秘技!」
スサノオ 完成 横一文字1
スサノオ 完成 横一文字2
「横一文字!」
GN横一文字
コンデンサーから供給される粒子を利用し、あたかも“飛ぶ斬撃”の如き一線を放つ

ダブルオーの世界って“GN”ってつけていればなんでも出来るような気がします(笑)
「横一文字」の名称はYAIBAから

スサノオ 完成 二刀流1
二刀流
地味ぃ~に長刀短刀で波紋を変えています

スサノオ 完成 チャクラム1
ビームチャクラム
「一応、作った」という程度なのでノーコメント(汗

スサノオ 完成 合体剣1
合体剣(名前はまだない;)
ケーブルは肘に接続可能です

スサノオ 完成 合体剣3スサノオ 完成 ポーズ1
両手持ちポーズ
マスラオでは両手持ちできるのにスサノオではできない…
ということで合体方法から見直し、ポーズを安定化
肩アーマーの可動追加なども元はこのポーズのためだったりします

スサノオ 完成 VS001
VSダブルオー
ライバル機同士を並べるってのは今まで意外と出来なかった憧れ
性能的にはスサノオ<ダブルオーライザー<イザナギ≦ダブルオーセブンソード/Gと解釈しています

スサノオ 完成 VS002
イザナギでした
思いのほかギミック満載な感じに
劇中のダブルオーVSスサノオで「武器増やせば勝てたんじゃね?」という思いからこんなことに
GNソードIIと強化サーベル、GNビームマシンガンとGNキャノン、ビームサーベルとビームエルボー等々…
ダブルオーと武装が対になるように意識しています

元々はスサノオの可動を増やしたりスタイルを変更したり…と、劇中のイメージに近づけるコンセプトでしたが、
ブレイヴを意識したり、ダブルオーを意識したりと、発展型としていろいろ詰め込んでみました
ただ、終わってみると「もっとはっちゃけたことをしても良かったかな?」とも思います

こっそりと「ガンプラビルダーズワールドカップ2012」応募作品でした
それゆえに製作を急ぐ形となり、更新が大幅に遅れてしまったことをお詫びいたします

終わってみると「もっとここを…」と思ってしまうのは自分の常、コンテスト応募となればそれもひとしおです
「できることは全部やった」ダブルオーと同じ一つの到達点として、非常に思い入れの深い作品です

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2012/10/12 00:00 ] ギャラリー | TB(0) | CM(2)

179: ビルダー すごいです('∀`) (2014/04/05 13:54)

ずいぶん昔の記事にこめんとすみませんww
ダブルオー制作日記を拝見させていただき次にこの記事を拝見させていただきました!

考え込まれて作られたガンプラ…まさにビルドファイターズのセイ君の概念にピッタリ沿っています(´゚∀゚`)

僕としてはアマテラスというネームが好きなんですがこれはあくまで僕のいち意見なのでwwお気になさらず…

イザナギ!素晴らしい機体でした('∀`)

180: つくる人 ビルダーさんコメントありがとうございます (2014/04/05 15:16)

古い記事でもコメント大歓迎です!

もし現実にガンプラバトルがあったらじぶんはこの機体で参加すると思います。
「可動いじったから機動性、運動性高いだろうな」とか「ウレタン使ったから装甲も硬いかな」とか、
一人で妄想してました。

左利き用(グラハム用)のイザナギに対して右利き用の“イザナミ”というのも考えていました。
スサノオとアマテラスの生みの親からとっているので、アマテラスがあっても良いですね!

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL