楽しい実験「パールカラー使用法」 このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しい実験、今回はパールカラー、もといパールパウダーについてです
通常のカラーとは違いクリアカラーに混ぜて使用するパールパウダー、
今回はその使用法と性質についてを実験により確かめていきます
実験 パール1 トップ
今回のメインとなるのはこのwaveホワイトパールです



使用する道具
今回メインに使用するパールはwaveのマイクロパールパウダー1ホワイト
後々、ほかのパールパウダーも使用します

混色に使うクリアーはガイアのEx-03 Ex-クリアー 50ml
量が多くて割安のクリアー
塗料の状態にもよりますがMr.カラーより濃いめです

使う溶剤は同じくガイアのT-01h ガイアカラー薄め液 (特大) 1000ml
同じく量が多くて割安のラッカー溶剤
塗料の伸びなどを考えるとレベリングタイプのものの方がいいのですが、実験ではよりベーシックなこちらを使用

使用方法

まずはパウダーと塗料の混合比率について
実験 パール1 混合2実験 パール1 混合1
大まかには塗料1に対して、パウダーを0.5~1.5程添加しします
パールコートする場合には、塗料:パウダー=1:0.5
色を乗せる場合には、塗料:パウダー=1:1以上、と考えています
ただし、パウダーを1:1以上の比率で添加すると、エアブラシの目詰まりを起こしやすい気がするので、
1:1程度を上限とし、さらに色を付けたい場合には重ね塗りすることをお勧めします
混合した後は通常のカラーと同じように溶剤でうすめて使用します

混合したカラーは、ほぼメタリックカラー(金属粒子を含む塗料)と同様の性質を持ちます
具体的には、
・乾燥時間が長い
・斑が発生しやすいために筆塗りに向かない
・コートによって輝きが安定する

という特徴があります

今回の実験では、主にその性質を確認していきます
なお、今回は発色させる場合を想定し、1:1の比率で混合した塗料で実験していきます


重ね塗り実験

まずはパールカラーの発色について
waveのホワイト系パールは下地を透過する性質があります
そのため、パール本来の色を得るためには何度か重ね塗りする必要があります
今実験でその色の違いを見比べてみます

実験 パール1 重ね1
画像はサーフェイサーの上から、waveのパールホワイトをエアブラシ塗装したものです
左から三層、二層、一層と重ね塗りしたものです

実験 パール1 重ね2
一層目
下地がグレーであるため、シルバーのようなカラーになっています
若干の角度をつけて撮影していることもあり、上の方にはまだ本来の輝きがありません

実験 パール1 重ね3
二層目
一層目と比べて輝きがより広がり、上部でもパール本来の輝きがある

実験 パール1 重ね4
三層目
輝きがより全面に広がる

相変わらず画像では効果が分かりにくいのですが…
パールカラーをきちんと発色させる場合には、二層から三層以上の重ね塗りが必要になります
下地を強調させるパールコートの場合にはよりパウダーを減らして、一層でも十分だと思います


コート実験

続いてはパールカラーにクリアカラーをコートした場合の発色について
パールカラーはパウダーの凹凸により、フラットカラーのようにやや曇った質感になってしまいます
輝きを安定させるため、またこのままでは傷にも弱いため、多くの場合コートします
ここではその輝きの違いについて実験
なお使用したコート材はMr.スーパークリアー 光沢Mr.スーパークリアー つやけしで、どちらも缶スプレーです

実験 パール1 コート1
画像は三層重ね塗りしたホワイトパールに、トップコートをしたものです
左からコートなし、クリアコート、クリアコート→フラットコート、フラットコートをしています

実験 パール1 コート2
コートなしのもの
比較用の画像です

実験 パール1 コート4
クリアコートしたもの
少しわかりにくいですが、曇りがなくなり、輝きが安定しています

実験 パール1 コート3
クリアコート→フラットコートとしたのもの
なんとも不思議な質感ですが…、パール独特のぎらつきのようなものがなくなります

実験 パール1 コート5
フラットコートのみのもの
パールカラーの上から直接フラットコートした場合、ひび割れ(フラック)が発生してしまいました
正直、原因はよくわからないのですが…、乾燥時間のずれなどが原因でしょうか?
念のためフラットコートする前にもクリアコートした方がよさそうです

今回は参考までにフラットコートもしてみました
色の雰囲気としては正直微妙です


今回の実験はこれで終了です

パールカラーならびにパウダーは今までなんとなく使っていましたが…
いくつかあいまいな部分があったのでこの機会に確認してみました

次回はこの性質、使用法を前提とした調色について実験します

次回「パールカラー調色編」を読む
関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2012/09/12 00:00 ] 楽しい実験シリーズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL